【書評】「ユダヤの商法」の要約まとめ‐あらすじや感想・ネタバレを解説‐

URLをコピーする
URLをコピーしました!

金持ちになる方法が書かれた『ユダヤの商法』をわかりやすく解説していきます。

あなたは自分の時間をお金と同じくらい大事にしていますか?

時間とはとても大切で価値のあるものです。

ユダヤ人の金儲けのノウハウが学べる、オススメの一冊を紹介します!

この記事ではこんな方にオススメ!
  • お金を稼ぎたい方
  • 豊かな生活がしたい方
  • 新しくビジネスを始めたい方

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年3月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

「ユダヤの商法」の概要まとめ

「ユダヤの商法」の著者について

今回紹介する『ユダヤの商法』の著者は、「藤田 田(ふじた でん)」さんです。

藤田さんは日本マクドナルドやトイザらスの創業者です。

伝説の経営者として人気を得て、「銀座のユダヤ人」と呼ばれています。

藤田さんの人気作品である『ユダヤの商法』は、82万部以上を売り上げているベストセラーで、誰にでもできる金儲けのノウハウを書き記したビジネスマン必読の本です。

この本には、「ユダヤ人の商法をビジネスに取り入れることで、誰でも金儲けができる」と書かれています。

「ユダヤの商法」無料で試し読みはこちら

お金を稼ぎたいと思っている、すべての方に読んでほしい『ユダヤの商法』。

「ユダヤの商法」を無料で試し読みできます!

本の内容が気になる方は、まず試し読みをしてみてください。

\ 「ユダヤの商法」が読みたい方 /

それでは、この本の注目ポイントを紹介していきます!

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

【要約・感想】「ユダヤの商法」のネタバレまとめ

「78:22の法則」とは?

著者である藤田さんは、商売上手であるユダヤ人とたくさんビジネスを行ってきました。

そこから藤田さんはユダヤ商人の考え方を学び、商売の手本として取り入れたのです。

ユダヤ商人の考え方に、「78:22の法則」があります。

「78:22」という数字は私たちの身近にもあります。

空気中の窒素が78%に対して、空気中の酸素等が22%の割合であることは有名ですよね。

さらに、人間の体内は水分が78%、その他の物質が22%の割合でできていると言われています。

他にもたくさんのものが、「78:22」の比率でできています。

これらは不変であるとして、宇宙の法則といわれています。

「78:22の法則」の活用法

この法則を、ユダヤ人はビジネスにも活用していました。

お金持ちと一般大衆の人数は、一般大衆の方が多いです。

一方で、お金持ちと一般大衆の持っているお金の総額は、お金持ちの方が多いのです。

世の中に出回っているお金の割合を100%とすると、一般大衆が持っているお金の合計が22%に対して、お金持ちが持っているお金の合計が78%の割合なのです。

そのためお金持ちをターゲットに商売をする方が儲かるのです。

ビジネスでより稼ぐためには、ターゲットをお金持ちの人にしましょう!

これが「78:22の法則」なのです。

【要約・感想】流行はお金持ちから攻める

流行には、お金持ちの層と一般大衆の層の2つがあります。

お金持ちの層は長く続く流行、一般大衆の層は短く一時的な流行となり、流行が終わるとすぐに売れなくなってしまいます。

効果的なターゲットは、まずはお金持ちの層で流行させ、次に一般大衆の層で流行させるという流れです。

人はひとつ上の層を見て「あんな生活がしたい」と憧れる傾向があります。

自分より格上を憧れる心理を利用するのです。

お金持ちの層で流行させて、次にその下のお金持ちの層で流行させ、それを繰り返して最終的に一般大衆の層までくるのに約2年の期間を要するといわれています。

お金持ちの層で流行させる際には、価格を高くしても求められます。

しかし、一般大衆の層でビジネスをする際には、商品の価格が安くなっているので、すっぱり手を引くのが理想的な状態です。

お金持ちをターゲットにビジネスをすることで長期的に継続され、大きな利益を得ることができます。

ターゲットの具体例

例えば、あなたがビジネスをするときに一般大衆向けの商品を売ると仮定します。

一般大衆が買うのなら、流行りに合わせたモノを、安い価格で提供しますよね。 

しかし、流行はすぐに変わり、価格が安いため大きな売り上げは見込めません。

ターゲットをお金持ちにすることで、最も効率的にビジネスを成功させることができます。

ユダヤ人の商法を学ぶことで、あなたもビジネスを成功させることができるでしょう。 

【要約・感想】商品は口である

ビジネスを始めるのなら、食べ物系をビジネスにするのがおすすめです。

食事をしたら、数時間後には体内で消化して、また食事が必要になります。

口に入れる商品は、どんどん消費され、どんどん求められるのです。

この好循環を築き上げるには、食べ物の他にありません。

そのため口に入れる商品は儲かるのです。

藤田さんもこの法則を守り、日本マクドナルドを創業しました。

商品を決めるときには、消費がはやい部分に着目してビジネスをしましょう。

【要約・感想】ユダヤ人と日本人の違いとは?

ユダヤ人は「商売上手」として名高いですが、日本人はどうでしょう。

「ひたすら継続することが正しい」「途中で辞めてはいけない」

このように日本人は「継続することが正しい」という思想が根強くあります。

ここに、ユダヤ人と日本人の考え方の大きな違いがあるのです。

ユダヤ人と日本人の異なる3つの考え方を紹介します。

1つ目は徹底的な時間の感覚

ユダヤ人は徹底的な時間感覚を持っています。

その理由は、暗算がとても速いからです。

月給から考えて、時給の計算を素早くできます。

そのため、時間をお金のように大切にしています。

残業はせず、少しでも定時を過ぎれば1分単位でお金の計算をするのです。

日本人はどうでしょうか。

残業大国と呼ばれるほど、日本人はたくさん残業をしています。

これは、日本人が時間の価値を安く考え、安易に人のために与えてしまうからです。

時間をお金のように大切にしなければ、あなたの時間はどんどん他人に消費されるでしょう。

例えば、あなたが30分以内の残業は給料に計算されない会社にいたとします。

「仕事があと少しで終わりそうだから」と定時から20分過ぎることを受け入れます。

お金にならない残業を週3回、月に何度かしていると、その残業した時間は1年間で何時間になり、いくらになるでしょうか。

その時間の給料を考えるか、考えないかで得られるお金に差が生まれます。

自分の時間を大切にする者はお金を得て、大切にしない者は膨大な時間を消費するのです。

お金を稼ぐために、時間をお金と同じような意識を持ちましょう。

2つ目は必ず契約を遂行すること

藤田さんのウラ話を紹介します。 

藤田さんは輸入業者をやっており、アメリカの企業から300万本のナイフとフォークを受注し、日本の業者に時間に余裕を持って発注しました。

少し時間が経ち、日本の業者を訪ねると、「忙しかった」という理由で仕事が納期までに終わらないと言われてしまいます。

納期厳守のユダヤ人との契約が守れないと、今後仕事ができないかもしれません。

そこで藤田さんはユダヤ人の信頼関係を失わないために、すぐに行動しました。

船で輸出する予定だったものを飛行機に変え、赤字を覚悟し、納期を守ることを最優先したのです。

飛行機に変えたことで納期を過ぎず、ユダヤ人との信頼関係も失うことはありませんでした。

そして翌年から300万本の受注が600万本になり、契約を守ったことが次の大きな仕事に繋がりました。

藤田さんは時間を厳守し、信頼を得ることができたので、藤田さんは「銀座のユダヤ人だ」と人々に広まりました。

ユダヤ人が抱いていた日本人のイメージは「時間が守れなくて、だらしない」だったそうです。

このようにユダヤ人と日本人には納期に対する意識の差があったのです。

自分の時間を安く考えると、他人の時間も安くしてしまいます。

必ず契約を守るという意識が薄いと、ビジネスで成功しません。

人との信頼のために必ず納期を守りましょう。

例えばあなたが納期のある仕事を受け持ったとします。

その際に納期までに起こり得る障害を予想し、その対処方法を事前に考えておくのです。

藤田さんは障害が起こったら、その対処をすぐに行動に移していました。

契約を守ることで人との信頼関係が築けます。

必ず契約を守るために、不測の事態を頭の片隅に入れておきましょう。

3つ目は素早い決断力

日本人のことわざにある「石の上にも三年」という言葉は有名ですよね。

ユダヤ人は、「新規事業も3ヶ月、売れる会社は手放す」という考え方があります。

事業を始めて3ヶ月経っても上手く軌道に乗らないと判断したら、見込みがないとして諦めるのです。

3カ月間の資金が無駄になってしまうと思うかもしれませんが、将来を見据えていらないものは捨てます。

このユダヤ人の決断力の素早さがとても大切なのです。

また、売れそうな会社も商品とします。

会社への愛着に迷わされないで、売れるものは売るという判断が、ビジネスを成功させるのです。

日本人は仕事に追われ、忙しそうに頑張っていることが偉いと評価されます。

ユダヤ人はまだ終わっていない仕事があることは恥だと考えます。

物事を即決して、仕事をどんどん終わらせ、時間を作ります。

時間に余裕があると、良いビジネスをすることができます。

あなたも物事を即決する習慣をつけましょう。

「ユダヤの商法」の重要ポイント

今回紹介した「ユダヤの商法」の重要ポイントをまとめました。

もう一度復習してみましょう!

「ユダヤの商法」のここが重要!
  • ビジネスのターゲットは、お金持ちの層を狙う
  • 売り物をお金持ちの間で流行させる
  • ビジネスを始めるなら、食べ物系が良い
  • 時間をお金のように大切にする
  • ビジネス書ベストセラーまとめ

「ユダヤの商法」をお得に購入する方法|50%OFFで購入できる

「ユダヤの商法」を50%OFFで購入する方法を紹介します!

私は電子書籍サービス「ebookjapan」を使ってみた結果、かなり使いやすく、割引クーポンを使うとかなりお得に書籍を購入できたので、満足度が高かったです。

電子書籍サービス「ebookjapan」では、

初回ログインの方限定で最大6回使える
【半額クーポン】配布中!

「ユダヤの商法」を50%OFFで購入できるキャンペーンです!

「ユダヤの商法」を1617円(税込)

クーポン利用で【50%OFF】1117円で購入できる!

しかも【50%OFF】クーポンを6回利用できるので

「ユダヤの商法」以外にも気になる本があれば50%OFFで購入できますよ!

ebookjapanのポイント
  • 初回ログインの方限定で、最大6回使える【半額クーポン】配布中!
  • 書籍のラインナップが豊富!
  • まとめ買いでさらにお得
  • PayPayの利用もできる
  • 1日1回引けるくじでクーポンが当たる

電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPAN IDと連携しています。Yahoo! JAPAN IDでebookjapanに初めてログインすると「50%OFFクーポン」が自動的に付与されます。

「より安く、より便利」な電子書籍がオススメですよ!

\ ebookjapan公式サイトはこちら /

本を無料&お得に購入する方法はコチラ!

まとめ‐あらすじや感想・ネタバレを解説‐

いかがでしたか?

この本には、「ビジネスでお金を稼ぐためには、ユダヤ商法を取り入れる」と書かれています。

ユダヤの商法を守るだけで、誰でもビジネスが成功します。

ユダヤの商法は時代に左右されない、不変の考え方です。

時間をお金のように大切にすることが、ビジネスで成功する秘訣です。

ユダヤ商法を守ることで、あなたもきっとお金持ちになれます。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

読みやすい漫画バージョンはこちら!

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる