【書評/感想】「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の要約まとめ|重要なポイントのネタバレ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ビジネスマン必読書『絶対にミスをしない人の脳の習慣』をわかりやすく解説していきます。

うっかりミスが多い方は、自分の能力が原因だと思っていませんか?

ミスは脳の疲労によって引き起こされます。

脳の仕組みを理解して、ミスをしない人になりましょう!

この記事ではこんな方にオススメ!
  • 効率的に仕事をしたい方
  • うっかりミスが多い方
  • 集中力を高めたい方

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年3月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の概要まとめ

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の著者について

今回紹介する『絶対にミスをしない人の脳の習慣』を執筆したのは、「樺沢紫苑(かばさわしおん)」さんです。

樺沢さんは精神科医であり、メールマガジンやFacebookなどを運営しています。

精神医学、心理学、脳科学の知識をわかりやすく発信しており、「日本一情報発信をする医師」として活躍しています。

樺沢さんの代表作である『絶対にミスをしない人の脳の習慣』は、仕事のミスや無駄を防ぐ実践的な方法を学べる本です。

この本には、「すべてのミスは脳の習慣で解決する」と書かれています。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」無料で試し読みはこちら

効率的に仕事をしたいと思っている、すべての方におすすめしたい『絶対にミスをしない人の脳の習慣』。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を無料で試し読みできます!

本の内容が気になる方は、まず試し読みをしてみてください。

\ 「絶対にミスをしない人の脳の習慣」が読みたい方 /

それでは、この本の注目ポイントを紹介していきます!

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

【要約ネタバレ・感想】ミスを引き起こす4大原因

「一日かけて作った資料を間違えて消してしまった」「仕事でミスをして残業することになった」

このように、どんな人でも仕事でミスをしてしまうことはあります。

仕事でたくさんミスをすると、自分の評価が下がったり、落ち込んでしまう人もいるでしょう。

そんな人に知ってほしいことがあります。

ミスはその人の能力が低いのではなく、脳の仕組みによって引き起こされるのです。

そのため脳の仕組みを理解すれば、ミスを回避することができるのです。

まずは、ミスを引き起こす4大原因を紹介します。

1つ目は集中力の低下

 集中力が低下することによって、自分がベストな状態ではやらないであろう失敗をしてしまいます。

集中力は朝が一番高く、夜になるにつれて低下していきます。

 また、忙しく仕事をすればするほど集中力は低下します。

そして集中力には波があります。

 集中しやすい波や集中しにくい波があるのです。

 自分の波を知り、それに逆らわず、波に乗って仕事をこなすのです。

 自分はいつ集中力が高まるのか把握しておきましょう。

2つ目はワーキングメモリの低下

ワーキングメモリとは、作業記憶とも呼ばれ、脳内に入力した情報を処理する能力のことです。

脳には記憶を一時的に保存し、処理するスペースがあり、その容量を超えるとミスが多くなります。

 うっかりミスが多い人は、ワーキングメモリの容量が少ない可能性があります。

あなたの持っている容量では3つの書類しか処理できないのに5つの書類を処理しようとすると、容量不足によってミスを多発させてしまうのです。

 自分のワーキングメモリの容量を知ることで、ミスを回避することができます。

  • ワーキングメモリの具体例

例えばあなたが仕事をうまくこなせず、自分のワーキングメモリの容量不足を感じたとします。

その際に、元々のワーキングメモリの容量不足だからと、仕事ができる人になることを諦めないでください。

ワーキングメモリは、鍛えることで、容量を大きくすることができるのです。

 脳のトレーニングは、何歳からでも始められます。

 脳のトレーニングは、暗記をしたり、資格の勉強をするなど、たくさんの方法があります。

 積極的に脳を使うことを意識しましょう。

3つ目は脳疲労

脳の慢性的疲労状態を「脳疲労」といいます。

毎日仕事をして22時に帰宅することや多くの作業に追われて休憩できないなど、体を休められないと脳疲労が起きます。

それらはうつ病の一歩手前の状態でもあり、ストレス過多な生活を送っている人が陥りやすい状態です。

またうつ病の患者は、初期段階において「ミスが多くなる」ことが多いのです。

そのため、ミスは多いけど健康だから大丈夫だと思わないでください。

そのミスは、体からの危険信号かもしれません。

ミスは誰でもやってしまうことですが、連続でミスをしたときには、自分は今脳が疲れているかもしれないと気付きましょう。

  • 危険信号に気づく具体例

 例えばあなたが毎日22時にならないと帰宅できないとします。

 慢性的な疲労が蓄積して、睡眠をとっても疲れがいつまでも続くのです。

 それを防ぐために自己洞察力を高めて、「自分は疲れている状態」だと気付くことが必要です。

 気付くことによって、ストレスの原因の対処方法を見つけることができます。

 それに気付くことなく、放置をすれば、病気になる可能性もあるのです。

 仕事をしていくには、健康な心と体が必要です。

 脳からの危険信号を見落とさないように注意しましょう。

4つ目は脳の老化

加齢によって脳が活発に動かない可能性があります。

年齢を重ねると、「ど忘れ」が増えてきます。

物を取りに行こうと歩いているとき、考え事をしたり、携帯を操作したことで、何を取りに行こうとしたのか忘れるという経験はありますか?

ど忘れは、脳の一時的な情報過多によって陥ります。

それは脳の老化による、ワーキングメモリの容量不足や集中力の低下が原因です。

加齢は止められませんが、脳のトレーニングをすることで脳を鍛えることはできます。

これらの原因について徹底的に対処すれば、ミスを回避することができます。

【要約ネタバレ・感想】脳を鍛える5つの方法

脳をトレーニングすることで、ミスを減らすことができます。

その具体的な方法を5つ紹介します。

1つ目は7時間以上の睡眠

自分の能力を最大限に発揮するためには、しっかりとした休息が必要です。

最近疲れが取れないなと感じたときには、まず睡眠時間を見直しましょう。

2つ目はウォーキングなどの有酸素運動

運動は脳の動きを活性化します。

良い運動は良い睡眠に繋がります。

週に2時間以上の運動が推奨されているので、実践してみてください。

3つ目は料理をするこ

料理は複数の作業を同時進行する力が身につきます。

また、料理の手順を覚える作業によって、ワーキングメモリの容量を大きくすることができます。

生きていく中で、料理は必須です。

生活の中で脳を鍛えるトレーニングを取り入れてみましょう。

4つ目は読書

ワーキングメモリの容量を大きくするためには、読書をすると良いとされています。

読書は集中力を高め、読解力を鍛えることができます。

5つ目は暗記などの記憶力のトレーニング

意識的に暗記をすることで、ワーキングメモリの容量を大きくすることができます。

元々のワーキングメモリの容量で、自分の成長を諦めないでください。

資格の勉強を始めるなど、暗記をする機会をつくっていきましょう。 

【要約ネタバレ・感想】ミスをしないための3つの対策

この章では、ミスが多い人が明日から始められる3つの対策を紹介します。

1つ目はミスをしやすい仕事は午前中に終わらせること

朝はワーキングメモリを使っていない状態なので、作業が進みやすい時間帯です。

ミスをしたくない作業、集中して取り組みたい作業は午前中に終わらせましょう。

 夜に近づくと集中力は低下し、ミスが起こりやすくなります。

 簡単な作業や慣れている作業を後に回すのです。

このように1日の仕事の時間配分をして、スケジュール調整をします。

2つ目はメモをすること

ワーキングメモリの容量は個人差がありますが、誰でも平等に、限界はあります。

やることが多いと、脳の作業スペースはどんどん狭くなり、処理する時間も遅くなります。

そのため、3つ以上のやるべきことは紙にメモしておくのです。

メモを活用する習慣をつけることで、ミスを減らすことができるでしょう。

3つ目は同時進行で行わないこと

複数の作業を同時進行させると脳のエネルギーをたくさん使ってしまい、ワーキングメモリの容量をすぐに超えてしまいます。

ミスできない仕事や集中したいときは、一つのことに集中しましょう。

  • ミスをしない具体例

例えばあなたが勉強に集中しているとします。

その際に、友人からメールが届き、その返信をします。

この行動が脳に負担をかけてしまいます。

同時進行は集中力を低下させ、効率を悪くします。

集中して作業を行うときは、他の作業をしないように注意しましょう。

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の重要ポイント

今回紹介した「絶対にミスをしない人の脳の習慣」の重要ポイントをまとめました。

もう一度復習してみましょう!

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」のここが重要!
  • ミスは脳の仕組みによって引き起こされる
  • 脳をトレーニングすると、ミスをしにくい人になれる
  • 事前にミスをしない対策をする
  • ビジネス書ベストセラーまとめ

著者・樺沢紫苑さんのおすすめ書籍紹介

本で学んだことを活用したい方、アイディアを生み出したい方におすすめ!

「アウトプット大全」の要約まとめはこちら!

ストレスに悩まされている方、人間関係に疲れている方におすすめ!

「ストレスフリー超大全」の要約まとめはこちら!

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」をお得に購入する方法|50%OFFで購入できる

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を50%OFFで購入する方法を紹介します!

私は電子書籍サービス「ebookjapan」を使ってみた結果、かなり使いやすく、割引クーポンを使うとかなりお得に書籍を購入できたので、満足度が高かったです。

電子書籍サービス「ebookjapan」では、

初回ログインの方限定で最大6回使える
【半額クーポン】配布中!

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を50%OFFで購入できるキャンペーンです!

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」を1540円(税込)

クーポン利用で【50%OFF】1040円で購入できる!

しかも【50%OFF】クーポンを6回利用できるので

「絶対にミスをしない人の脳の習慣」以外にも気になる本があれば50%OFFで購入できますよ!

ebookjapanのポイント
  • 初回ログインの方限定で、最大6回使える【半額クーポン】配布中!
  • 書籍のラインナップが豊富!
  • まとめ買いでさらにお得
  • PayPayの利用もできる
  • 1日1回引けるくじでクーポンが当たる

電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPAN IDと連携しています。Yahoo! JAPAN IDでebookjapanに初めてログインすると「50%OFFクーポン」が自動的に付与されます。

「より安く、より便利」な電子書籍がオススメですよ!

\ ebookjapan公式サイトはこちら /

本を無料&お得に購入する方法はコチラ!

まとめ‐ネタバレと感想‐

いかがでしたか?

この本には、「脳を最適化すればミスはすべて解決できる」と書かれています。

自分の体の状態は、自分が一番わかっているという認識は誤りです。

自分の状態を意識的に見なければ気付くことはできません。

自分を振り返ってみて、どのようなミスをどれくらいの頻度で起こしているかを自覚することができれば、「自分の脳が疲労している」と気付くことができます。

もしあなたが最近ミスが多いと感じたら、自分の生活を見直してみましょう。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる