【書評】「あやうく一生懸命生きるところだった」の要約まとめ|頑張りすぎない人生を選択できる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

心が軽くなると話題の本『あやうく一生懸命生きるところだった』をわかりやすく解説していきます。

「あやうく一生懸命生きるところだった」は、自分らしい生き方に出会えるエッセイ本です。

頑張っている時、つい忘れてしまうことは、自分の本心や体調に目を向けることです。

今、目的のために頑張っている方の心を軽くしてくれる「あやうく一生懸命生きるところだった」。

この本を読むことで、今よりも自分のことを大切にできるかもしれませんよ。

この記事ではこんな方にオススメ!
  • 頑張りすぎてしまう方
  • 生きづらさを感じている方
  • 自分らしく生きたい方

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年3月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

「あやうく一生懸命生きるところだった」の概要まとめ

「あやうく一生懸命生きるところだった」の著者について

今回紹介する『あやうく一生懸命生きるところだった』を執筆したのは、「ハ・ワン」さんです。

ハ・ワンさんは韓国でイラストレーターや作家として活躍しています。

40歳近くの時期に何の計画もないまま会社を辞め、「一生懸命生きない」と決意し、作家としてその思想を広めています。

ハ・ワンさんの代表作である『あやうく一生懸命生きるところだった』は韓国で25万部を突破したベストセラーです。

自分らしい生き方に出会える人生エッセイとして人気を集めています。

この本には、「他人の目を気にせず自分らしく生きよう」と書かれています。

「あやうく一生懸命生きるところだった」無料で試し読みはこちら

生きづらさを感じているすべての方におすすめしたい『あやうく一生懸命生きるところだった』。

「あやうく一生懸命生きるところだった」を無料で試し読みできます!

本の内容が気になる方は、まず試し読みをしてみてください。

\ 「あやうく一生懸命生きるところだった」が読みたい方 /

それでは、この本の注目ポイントを紹介していきます!

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

【要約・感想】「一生懸命」をやめることの意味とは?

一生懸命努力する理由は?

突然ですが、あなたに質問です。

あなたが今、頑張っている目的や理由はなんですか?

今、私たちが生きている時代は競争社会です。

競争社会で人を勝ち組と負け組に区別して、勝ち組になれるように人は一生懸命努力するのです。

しかし、どれだけ努力をしても上には上が存在します。

この競争社会で一生懸命頑張り続けていても、敗北感が増すばかりです。

人と比べていては、いつまで経っても勝者にはなれないのです。

さらに、勝者になれないだけではなく、羨望や嫉妬心が芽生えて、ネガティブな感情になってしまいます。

このように、人と比べることはデメリットが多いのです。

本書では、そんなあなたに対して、「一生懸命生きることをやめましょう」と伝えています。

一生懸命をやめると?

一生懸命生きるのではなく、楽しく生きてみるのです。

楽しむことで基準は「自分」になります。

人と比べなくて良いのです。

人と比べるのを辞めると、勝敗という意識がなくなり、楽しく生きることができます。

一生懸命生きると、楽しく生きることはできません。

自分の「楽しい」という気持ちを優先してみましょう。

さらに、楽しく生きることで、結果にとらわれないで、過程を楽しめるようになります。

過程を楽しむことで、結果がどうなっても、挫折することはありません。

一方で結果ばかり見ていると努力しても悪い結果になったときは、自分自身やその過程を責めて、投げ出してしまうことがあります。

過程を楽しむことは、物事を継続するためにも必要な要素です。

過程を楽しむ具体例

例えば、試験に合格するために勉強をする人は多いでしょう。

そこで、

「試験に合格するために勉強する人」(結果重視)と
「勉強することが楽しいと思いながら勉強する人」(過程重視

の二つに分けてみます。

  • 結果重視の場合

まず、結果重視の「試験に合格するために勉強する人」は、結果ばかり見て、勉強をする過程を楽しんでいません。

もし、試験が不合格だった時は、「勉強を頑張ってきた意味がない」と考えてしまい、挫折してしまいます。

良い結果が得られなかったときに辛い気持ちでいっぱいになってしまうのは、過程を楽しめなかったからです。

一生懸命頑張りすぎてしまうと、楽しい気持ちがなく、辛さだけが残ってしまうのです。

  • 過程重視の場合

次に過程重視の「勉強することが楽しいと思いながら勉強する人」は、結果も大事だけど、勉強の楽しさを知っています。

行動に楽しい感情が入ると、「勉強が好き」「勉強することが楽しい」という思いで勉強をします。

もし結果が良くなくても、過程が楽しいからまた勉強を始められます。 

人と比べて、もっともっと頑張ろうと思ったり、頑張りすぎて辛くなる生活を終わらせましょう。

「結果が全て」と短絡的に考えず、過程も楽しみましょう。

【要約・感想】本当に努力が全てなのか?

「頑張れば必ず結果がついてくる」という言葉は、よく耳にしますよね。

それは、時には一歩前へと背中を押してくれる言葉であり、時には私たちを疲労させ続ける言葉でもあります。

この言葉を完全に信じきってはいけません。

なぜなら、努力は必ず報われるわけではないからです。

ほとんど努力せずに、運に恵まれ、勝ち組となっている人だっています。

これは受け入れなければならない事実です。

あなたの周りに一生懸命勉強している様子がないのに、試験でいつも良い点数を取っている人がいませんでしたか?

そのような人は世の中にたくさんいるのです。

一方で、たくさん努力しているのに、思い通りの結果にならない人もいます。

頑張った分だけの結果を必ずしも得られるわけではありませんが、努力以上の結果になることもあります。

つまり、努力が全てではないということです!

物事に対する向き・不向き、運やタイミングも影響しています。

「これだけ頑張ったのだから必ず見返りがある」と思い込むと、苦悩の始まりです。

努力して良い結果が得られる人がいれば、努力せずに得られる人もいるという現実を受け入れましょう。

そして結果を得られるスピードも個人差があります。

努力が実るのはこれからかもしれません。 

もしあなたが努力をしても報われず苦しい思いをしていたら、「自分の努力不足が原因なのではない」と考えてみましょう。

心が少し軽くなりませんか?

物事の結果は、努力だけで判断されているのではありません。

自分を責めない考え方に変えていきましょう。

【要約・感想】自分らしい人生とは?

「良い大学に入る」「良い企業に入る」など、大勢の人が良いと思うことは、自分にとって本当に良いことなのでしょうか?

一度、自分が本当にそれを望んでいるのかを考えてみてください。

周りの意見に流されて、自分の思いを無視していませんか?

他人にとって良いことは、必ずしも自分にとって良いことではないのです。

しかし、「失敗するのが怖い」「周りの目が気になるから他の人と同じ道にしよう」と思うのは普通のことです。

勇気を出して別の道を選べる人だけが自分の人生を生きられるのです。

自分らしい人生を送る人になるには、失敗の捉え方を変える必要があります。

「失敗が怖いから挑戦しない」のではなく、「失敗してもいい」「失敗したらその時に後悔すればいい」と考えるのです。

新しいことに挑戦しても、失敗したらきっと後悔するでしょう。

一方で、他人の目を気にして流される生き方をしている人も後悔します。

人は必ず後悔するのです。

何もせずに後悔するくらいなら、自分らしい生き方に挑戦しましょう。

自分らしい生き方は、失敗の上に成り立つものです。

方向性を変えれば、人生が変わります。

自分と向き合って、自分が心からやりたいと思うことを考えてみましょう。

【要約・感想】やりたい仕事は見つかるのか?

著者ハ・ワンさんの悩み

就活生、今の仕事に満足していない人、転職を考えている人など、仕事に悩む人は多いでしょう。

著者のハ・ワンさんも、そんな悩みを抱えた一人です。

彼は大学卒業と同時に予備校講師を辞めました。

予備校講師の仕事はとてもストレスがかかり、精神的に追い詰められていました。

仕事を辞め、3年間自分のやりたい仕事を探したそうです。

しかし、結局見つかりませんでした。

その代わりに彼は、「強烈にやりたい仕事はないけど、やりたくない仕事はある」「まったく合わないものじゃない限り、自分ができる仕事ならなんでもやってみよう」と考えました。

やりたい仕事を見つける方法は?

やりたいことを探そうという意識は焦りに繋がります。

やりたいことは、探そうと思って見つかるものではなく、生活をしていく中で見つかるものです。

自分のやりたいことがすぐに見つかる人もいれば、何がやりたいかわからないままの人もいます。

やりたいことはない、と認めることも自己理解につながります。

やりたいことがない人は、自分が嫌だと思うこと以外のことに挑戦してみても良いでしょう。 

もしあなたがやりたいことがないとしたら、やりたいことがある人のサポートをしてみてはどうでしょうか。

やりたいことに突き進んでいる人の姿を見ると、自分への刺激にもなります。

新たな挑戦をすることで、やりたいことが見つかるかもしれません。

失敗を恐れないで、行動してみましょう!

「あやうく一生懸命生きるところだった」の重要ポイント

今回紹介した「あやうく一生懸命生きるところだった」の重要ポイントをまとめました。

もう一度復習してみましょう!

「あやうく一生懸命生きるところだった」のここが重要!
  • 結果にとらわれないで、過程を楽しむ
  • 結果は自分の責任だと思い込みすぎない
  • 失敗を怖がらないで、行動しよう
  • 今やりたいことがなくても焦らない
  • ビジネス書ベストセラーまとめ

「あやうく一生懸命生きるところだった」をお得に購入する方法|50%OFFで購入できる

「あやうく一生懸命生きるところだった」を50%OFFで購入する方法を紹介します!

私は電子書籍サービス「ebookjapan」を使ってみた結果、かなり使いやすく、割引クーポンを使うとかなりお得に書籍を購入できたので、満足度が高かったです。

電子書籍サービス「ebookjapan」では、

初回ログインの方限定で最大6回使える
【半額クーポン】配布中!

「あやうく一生懸命生きるところだった」を50%OFFで購入できるキャンペーンです!

「あやうく一生懸命生きるところだった」を1430円(税込)

クーポン利用で【50%OFF】930円で購入できる!

しかも【50%OFF】クーポンを6回利用できるので

「あやうく一生懸命生きるところだった」以外にも気になる本があれば50%OFFで購入できますよ!

ebookjapanのポイント
  • 初回ログインの方限定で、最大6回使える【半額クーポン】配布中!
  • 書籍のラインナップが豊富!
  • まとめ買いでさらにお得
  • PayPayの利用もできる
  • 1日1回引けるくじでクーポンが当たる

電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPAN IDと連携しています。Yahoo! JAPAN IDでebookjapanに初めてログインすると「50%OFFクーポン」が自動的に付与されます。

「より安く、より便利」な電子書籍がオススメですよ!

\ ebookjapan公式サイトはこちら /

本を無料&お得に購入する方法はコチラ!

まとめ‐名言と感想‐

いかがでしたか?

この本には、「一生懸命生きることをやめて、自分らしく生きよう」と伝えています。

頑張らない人生、自分らしい人生を送ることがどのような結果になるかはわかりません。

成功するかもしれないし、失敗するかもしれません。

ハ・ワンさんは自身の人生を賭けた実験をしているのです。

他人の目を気にせず、自分らしく生きることができたら、生きづらさから解放されるでしょう。

あなたも自分らしさを尊重した生き方を選択してみてはいかがでしょうか?

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる