「自分を操る超集中力」の要約まとめ|すぐ実践できるトレーニング方法を紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

集中力を手に入れたい方必読本『自分を操る超集中力』をわかりやすく解説していきます!

メンタリストDaiGoさんの本はたくさん出版されていますが、その中でも人気の「自分を操る超集中力」。

今回は集中力を高める具体的な方法を紹介します。

この記事ではこんな方にオススメ!
  • 集中力が続かず仕事が捗らない方
  • 仕事や勉強に疲労している方
  • 作業を短時間で終わらせたい方

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

オールカラー【図解】バージョンはこちら!

漫画版でさらにわかりやすく!

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年3月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

「自分を操る超集中力」の概要まとめ

「自分を操る超集中力」の著者について

今回紹介する『自分を操る超集中力』を執筆したのは、「メンタリスト DaiGo」さんです。

DaiGoさんは人間心理を用いたビジネスや話術、恋愛まで幅広い分野を解説し、YouTubeチャンネルや書籍等で情報発信をしています。

科学的根拠を重視した解説が人気を集め、メンタリストとして活躍しています。

DaiGoさんの人気著書の一つである『自分を操る超集中力』は、一番売れているDaiGoさんの本として有名なヒット作で、学生から社会人まで幅広い層から支持されています。

この本には、「集中力はトレーニングで強化し、今すぐ身につけることができる」と書かれています。

「自分を操る超集中力」無料で試し読みはこちら

集中力を高めたいと思っている、すべての方におすすめしたい『自分を操る超集中力』。

「自分を操る超集中力」を無料で試し読みできます!

本の内容が気になる方は、まず試し読みをしてみてください。

\ 「自分を操る超集中力」が読みたい方 /

それでは、この本の注目ポイントを紹介していきます!

忙しいあなたも、耳は意外とヒマしてる – audiobook.jp

「自分を操る超集中力」のあらすじ‐簡単に解説‐

集中力とは?‐あらすじ‐

 集中力は元々の才能があるから発揮できる力ではありません。

著者であるDaiGoさんは、自身の注意力の散漫さを変えるために集中力を高める方法を生み出しました。

集中力とは鍛えることで自在に操ることができます。

1日に使える集中力は決まっているため、使えば使うほど減っていきます。

そのためトレーニングで1日に使える集中力を増やし、集中力を節約する習慣を身につけていきます。

集中力の特徴をつかむことによって、効率的な時間の使い方を身につけることができるのです。

集中力の源とは?

集中力の源は前頭葉にあります。

前頭葉が生み出すエネルギーによって私たちは集中できるのです。

そのため集中し続けると、前頭葉を酷使して、疲れたと感じてしまいます。

そこで「集中力を必要とする行動」から「集中力を使わない習慣化した行動」へと変えていきます。

習慣化した行動は前頭葉ではなく、小脳を使います。

集中力を節約するには、一日に意思決定する数を減らして習慣化された行動をするのです。

人は「これをしたい」「これはやらない」と何かを選んだり我慢する際にも集中力を使い、疲れてしまいます。

意思決定による集中力の減少を避けるためには、あらゆる行動を習慣化することが大切です。

習慣化の具体例

例えば毎日服を決めることで脳を疲労させます。

そこで5セットのトータルコーディネートを事前に用意してみます!

毎日服を決める行動は脳を疲労させます。

脳を疲労させなうために、事前に平日に着る服を決めておくことを習慣化します。

コーディネートの習慣化で脳を疲労させることを予防できます。

このように即決できるシステムを作っておくことが大切です。

集中力を高める7つのエンジン‐内容と感想まとめ‐

高い集中力を生み出すためには、集中するエンジンを起動するという方法があります。

DaiGoさんはこのエンジンを7つの実践的な方法としてあげています。

7つのエンジンとは、
場所、姿勢、食事、感情、習慣、運動、瞑想です。

一つずつ説明していきます。

エンジン1つ目 場所

ある場所を決めて、そこを集中できる環境として認識することです。

決められた場所に行くことで集中するスイッチの切り替えにもなります。

そして、その場所に集中力を高める環境を作っていきます。

整理整頓

まずは作業スペースでは物を減らし整理整頓をすることです。

書類や道具などを片付けて、すっきりとしたスペースを確保します。

物がたくさん置いてあることで、視界からの情報が増え、集中力を消耗させます。

また、携帯やスマホは目に見える場所にあることで、使いたいけど今は我慢しないといけないと考えてしまい、脳への疲労につながります。

電源を切るかマナーモードにして引き出しにしまってください。

水色の物と鏡

次に、水色の物と鏡を置くことです。

水色は心理的な効果により、集中力を高めるために適した色です。

鏡は自分が集中していない姿を見て、集中力を再始動させる効果があります。

このように、「集中する部屋」を作ってみましょう。

適した空間

また、目的に合わせて集中する時に効率のいい場所を知っておくことが大切です。

例えば、あなたが新しい発想を生み出す時を考えてみましょう。

新しいものを生み出すときは、固定概念にとらわれない自由な発想が必要です。

そのときは公園のベンチや天井の高い建物など広い空間が適しています。

自分はどの場所なら集中できるのか模索しながら、良い環境を見つけてみましょう。

エンジン2つ目 姿勢

姿勢が悪いことで無駄な体力を使ってしまい、集中力を消耗してしまいます。

作業を始める前や作業中に姿勢を良くする意識を心掛けましょう。

良い姿勢とは顎を引いて、軽く胸を張り、背中が真っ直ぐ伸びている状態のことです。

背中が丸まっていたり、足を組んでいると集中しづらい姿勢になり、健康面でも支障をきたすことがあります。

座位姿勢のまま何時間も同じ姿勢でいることを防ぐために、15~30分に一度立ち上がることをおすすめします。

立ち上がることで身体に血流が巡り、脳に刺激を与えて集中力を継続させることができます。

エンジン3つ目 食事

生活に欠かせない食事にも集中力を高めるポイントを入れ込むことができます。

それは食事の際にブドウ糖を摂取することです。

ブドウ糖は甘いものや炭水化物に含まれており、集中力を高めるために大きく影響します。

しかし、ブドウ糖は血糖値を増減させ、集中力を高めたり下げたりします。

そこでブドウ糖を含んだ低GI食品をおすすめします!

ブドウ糖を含んでいながら血糖値を維持させる働きがあり、集中力を継続的に高めるために非常に有効的な食べ物です。

具体的な低GI食品は、そば、玄米、さつまいも、ヨーグルトなどです。

作業の合間の食事は、低GI食品を取り入れてみてください。

エンジン4つ目 感情

 喜怒哀楽の感情にはそれぞれ集中する方法や特徴が違います。

自分の感情をコントロールしながら、集中力を高めることができます。

喜びや楽しさは集中力や創造力を高めて、意思決定のスピードが早くなります。

怒りは行動力や目的を達成する力が高まり、短期的に怒りの感情を作業への熱意に変換されます。

悲しみは冷静な意思決定ができ、細部まで関心を向けるので、新しい取り組みへの見直しが効果的です。

エンジン5つ目 習慣

習慣をつくり、判断や決断を減らすことで集中力を節約させることができます。

節約して残った集中力を使って、新しい習慣を身につけるように動くことも大切です。

また、作業を先延ばしにしないことも必要です。

集中力とは行動することで減るものではなく、意思決定を何度も繰り返すことで減るものです。

メールのチェックをするか、書類の整理をするかと悩む前に行動することで集中力を維持させることができます。

エンジン6つ目 運動

ある研究結果により、20分の軽い運動をするとその後の作業で3~4時間は集中力が高まるといわれています。

運動すると脳の活性化や記憶力を高めることができるため、作業の合間に運動を挟むことで集中力を再始動させることができます。

さらに公園などの緑がある場所で5分程度の散歩をすると、運動を20分したときと同じ効果が出ると言われています。

近くに公園や自然を感じられる場所がなくて森林浴ができないという方もいらっしゃるでしょう。

自然がなくても歩くこと自体が大切です

駅の階段を使って移動したり、通勤で一駅分歩くなど軽いウォーキングでも効果が有るのでぜひ試してみてください。

エンジン7つ目 瞑想

瞑想とは心を静めて無心になってリラックスすることです。

瞑想によってストレスを緩和したり、集中力を高める効果があります。

まずは1日1分から瞑想を始めてみましょう。

起床後、移動中、休憩時間など、どこでもできます。

目を閉じ呼吸を整えてから、息をゆっくり4秒間吸って、8秒間かけて吐きます。

瞑想の効果はリラックスできる、睡眠の質の向上、集中力の向上などたくさんあります。

1分間の瞑想に慣れたら、5~10分の瞑想に挑戦することで、高い集中力が身につきます。

瞑想はとても簡単ですので、今すぐにでも実践できます。

呼吸を意識して瞑想を始めてみましょう!

「自分を操る超集中力」の重要ポイント

今回紹介した「自分を操る超集中力」の重要ポイントをまとめました。

もう一度復習してみましょう!

「自分を操る超集中力」のここが重要!
  • 集中力とは、鍛えることで自在に操ることができる
  • 集中力を節約するには、一日に意思決定する数を減らして、習慣化された行動をする
  • 高い集中力を生み出すためには、7つのエンジンを起動する
  • 7つのエンジンとは、場所、姿勢、食事、感情、習慣、運動、瞑想のこと
  • ビジネス書ベストセラーまとめ

「自分を操る超集中力」をお得に購入する方法|50%OFFで購入できる

「自分を操る超集中力」を50%OFFで購入する方法を紹介します!

私は電子書籍サービス「ebookjapan」を使ってみた結果、かなり使いやすく、割引クーポンを使うとかなりお得に書籍を購入できたので、満足度が高かったです。

電子書籍サービス「ebookjapan」では、

初回ログインの方限定で最大6回使える
【半額クーポン】配布中!

「自分を操る超集中力」を50%OFFで購入できるキャンペーンです!

「自分を操る超集中力」を1540円(税込)

クーポン利用で【50%OFF】1040円で購入できる!

しかも【50%OFF】クーポンを6回利用できるので

「自分を操る超集中力」以外にも気になる本があれば50%OFFで購入できますよ!

ebookjapanのポイント
  • 初回ログインの方限定で、最大6回使える【半額クーポン】配布中!
  • 書籍のラインナップが豊富!
  • まとめ買いでさらにお得
  • PayPayの利用もできる
  • 1日1回引けるくじでクーポンが当たる

電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPAN IDと連携しています。Yahoo! JAPAN IDでebookjapanに初めてログインすると「50%OFFクーポン」が自動的に付与されます。

「より安く、より便利」な電子書籍がオススメですよ!

\ ebookjapan公式サイトはこちら /

本を無料&お得に購入する方法はコチラ!

まとめ‐内容のあらすじや感想‐

いかがでしたか?

この本には、「集中力を身につけるためには、日々トレーニングで強化する」と書かれています。

集中力の高さは元々の才能ではなく、努力することによって身につく技術です。

日々の生活に少しのポイントを取り入れることによって、集中力を鍛えることができます。

そしてトレーニングは継続することが大切です。

あなたが作業に行き詰ったとき・もっと作業の効率を高めたいとき、あなたの生活に取り入れてみてください。

あなたに合うもの、合わないものがあるでしょう。

それは実践してみないとわからないものです。

これから実践して、自分に合った集中力の高め方を見つけていきましょう。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

オールカラー【図解】バージョンはこちら!

漫画版でさらにわかりやすく!

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる