【社会福祉士】仕事内容や活躍の場をわかりやすく解説!やりがいや年収、適性も紹介

社会福祉士は、高齢者や児童、生活困窮者など困り事がある人を手助けする職業です。

近年、高齢化や虐待問題への対応のため、社会福祉士への期待が高まっています。

今回は社会福祉士の仕事内容や活躍できる場など、ざっくり概要を解説していきます!

社会福祉士について興味がある方はぜひチェックしてみてください!

この記事の筆者

ブログ管理人、Kuboです!

ブログ管理人は国家資格「社会福祉士」を取得しています。詳しくはこちら≫運営者情報

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年4月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

社会福祉士とは?

社会福祉士はソーシャルワーカーとも呼ばれる福祉職です。

社会には身体的・精神的な障害がある人、高齢、貧困などの理由によって日常生活を送るのが困難な人たちがいます。

そのような人たちに対して、福祉に関する相談に応じて、問題解決をサポートするのが社会福祉士です。

さらには福祉サービスを提供する関係者との連携や調整を行って援助を行う仕事です。

様々な人と関わりながら、相談者をサポートします!

社会福祉士は1987年に制度化された国家資格で、社会福祉業務に関して専門的な知識と技術を有する者に認められた資格です。

社会福祉士として名乗るには、社会福祉士国家試験に合格し、社会福祉士として登録する必要があります。

社会福祉士の資格を持っていれば高い水準の専門知識とスキルを有していると認められ、キャリアアップや就職・転職などで有利になります。

働く職場や業務内容によって社会福祉士はさまざまな名称で呼ばれています。

例えば、「生活相談員」「相談員」「ソーシャルワーカー」「ケースワーカー」という名称で呼ばれています。

名称は違っても、全て社会福祉士を指します!

近年、社会福祉士は注目されています。

超高齢化社会になり、要介護状態の方が急増しているからです。

つまり日常生活で困り事を抱えている人がどんどん増えているのです。

そういった方たちに手を差し伸べるのが、社会福祉士の役割です。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事内容は簡単に言えば、困った人の相談に乗って今後のプランを考え、援助することです。

社会福祉士の仕事は子どもから大人まで幅広い年齢層を対象としており、分野も多岐に渡ります。

働く職場・施設に応じて業務内容は異なります。

社会福祉士の仕事内容は、主に以下のとおりです。

  • 福祉サービスの相談業務
  • 情報提供
  • 支援計画の作成、実行

それぞれ解説していきます。

社会福祉士の仕事内容①:福祉サービスの相談業務

社会福祉士は、福祉サービスを利用する人の相談役を担っています。

利用者や家族から様々な相談を受け、福祉サービスを検討し、関係機関との連絡や調整を行って、具体的な解決策やアドバイスを提案します。

相談者や家族ともしっかりコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが重要になります。

「助けて」と言える関係性になるためです

相談に来る方は、子供から高齢者まで、さまざまな年齢層の方が窓口にきます。

それぞれの年代に合わせ、複雑な状況にいる人の対応をするので、福祉分野はもちろんのこと介護や医療など多くの知識を備えておく必要があります。

利用者との信頼関係を築き、本当に困っていることを上手にくみ取ることができるかどうかが、社会福祉士の腕の見せ所です。

社会福祉士の仕事内容②:情報提供

社会福祉士は、利用者と関係機関の橋渡しをするのが仕事内容ですので、関係機関と利用者の情報を共有する必要があります。

社会福祉士は、正しい情報を利用者に伝えることも大事です。

行政機関や医療機関など関係機関と連絡を取り合って、公的手続きの代行や公的な支援について情報提供をする役目があります。

社会福祉士が取り扱う情報は多岐に渡ります

利用者の健康状態や経済状態など、プライバシーにかかわる情報ですので、情報共有をする際には最大限の注意が必要です。

社会福祉士の仕事内容③:支援計画の作成、実行

社会福祉士の仕事は、支援計画を作ることです。

支援計画とは、支援が必要な人に対して、どのような問題を抱えており、どのような解決策が必要なのかを明確にするために作成するものです。

ただ作るだけではなく、利用者の自宅などに訪問し、モニタリングすることも必要です。

変化があれば適宜、評価や見直しをおこなっていきます。

利用者の変化を見逃さないこと

このように、支援を作成し、利用者とともに歩んでいくのが社会福祉士の仕事です。

利用者が安心して支援サービスを利用できるように、手続きを行ったり環境を整備したりするのも社会福祉士の仕事です。

つまり、『福祉サービスの相談業務』、『情報提供』、『支援計画の作成、実行』が社会福祉士の主な仕事になります。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

社会福祉士についてもっと知りたいときは?

  • 社会福祉士として学びを深めたい
  • 様々な分野を知って視野を広げたい
  • 福祉の勉強をしたい

そんな時は本を読んでみましょう!

こちらに社会福祉士が読むべきおすすめの本を3冊まとめています。

社会福祉士が活躍できる職場

社会福祉士が実際に働く現場の種類と、現場ごとの役割の違いについて説明します。

介護の現場

介護現場での社会福祉士は、主に生活相談員と呼ばれます。

主な勤務先は、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどの高齢者や障害者向けの介護施設です。

仕事内容は、介護サービスの利用希望者または施設入所希望者やその家族からの相談を受けたり、利用者の生活に関わる相談に対応したりします。

利用希望者に対する支援計画の作成などを行います。

また、要介護者の状況に応じて在宅介護から施設介護、またはその逆へと移行する際の連絡調整や助言を行うこともあります。

医療の現場

医療現場での社会福祉士は、主に医療ソーシャルワーカーと呼ばれます。

主な勤務先は、病院などの医療機関です。

病院で働く社会福祉士の具体的な仕事内容は、患者やその家族から相談を受け、援助します。

患者が希望する治療を受けられるように医療スタッフや他施設の職員などとの連携や調整を担うことや、患者の社会復帰に向けてサポートを行うなどの業務に携わることもあります。

治療や入院に関して適切な支援制度を紹介したり、退院後のリハビリ施設や社会復帰を支援するボランティアを調べて紹介することもあります。

また、施設介護から在宅介護へ移行するための調整にも関わり、必要であればアドバイスを行うこともあります。

福祉の現場

社会福祉士が相談業務や利用者の支援を行っています。

主な勤務先は、知的障害者福祉施設や身体障害者福祉施設、児童相談所、母子支援施設、精神障害者福祉施設などがあります。

また県庁や市区役所、地域包括支援センターなどで地域住民の声を聞いて、相談窓口のような役割を果たすのです。

主な役目は、利用者の相談対応、家族との連絡・調整、利用者が自立するための支援や援助などです。

福祉の現場は多岐にわたります

社会福祉士は幅広い分野の仕事を担当するため、働いている職場もさまざまです。

どの職場で働くにしても利用者の気持ちを一番に考えて、適切なアドバイスをすることが重要になってきます。

社会福祉士のやりがいと辛いこと

社会福祉士もやりがい

社会福祉士は、社会への貢献度が高いやりがいのある仕事です。

ここでは、社会福祉士がやりがいを感じる3つの瞬間を紹介していきます。

  • 相談者に最適なサポートができたとき
  • 人から感謝されたとき
  • 難しい仕事を達成したとき

相談者に最適なサポートができたとき

社会福祉士が仕事でやりがいを感じる瞬間は、相談者に対して最適なサポートができたときにやりがいを感じるものです。

社会福祉士が担当する方の悩みは多岐にわたり、中には解決が困難と思われるケースもあります。

しかし幅広い知識を生かして解決策を見い出し、相談者が喜ぶ笑顔を見ることができたときは本当にやりがいを感じられます。

人生を一変させられる社会福祉士の仕事の責任は重大。

しかしその分大きな達成感が得られます

良いサポートをするためには、保険制度や医療、介護、福祉、行政サービスなどの幅広い知識が必要です。

こうした分野について日々学んでいくことが、より良いサポートにつながります。

人から感謝されたとき

社会福祉士の仕事の最大の魅力は、人から感謝されることが多いことです。

困っていることをヒアリングし、それを解決することで、ご相談者様から感謝されることが一番のやりがいと感じている方も多いでしょう。

人生において困難に直面した人を救うことは簡単なことではありませんが、仕事を通じて日常生活に困っている方々に手を差し伸べることができるのは、社会福祉士の仕事の魅力であり大きなやりがいです。

ときには、社会福祉士の仕事に嫌気がさすときもあるかもしれません。

それでも、利用者や相談者から「ありがとう」と言ってもらったとき、人の役に立つことができたという実感を得ることができ、それがやりがいにつながります。

難しい仕事を達成したとき

相談者の状況は人それぞれで、1人として同じ状況の人はいません。

相談者にしっかりと向き合い、状態を把握し、最も良いサポートをすることが社会福祉士の役割です。

難しい仕事ではありますが、難しいからこそ、良い関わりやサポートができたときの喜びも大きいのです。

中には、余裕のない相談者から、心もとない一言をかけられたり、理不尽に感情をぶつけられたりすることもあるでしょう。

しかし、そういったことを乗り越えて仕事を達成したときには、やりがいを感じることができます。

\ 無料の資料請求はこちら! /

社会福祉士の辛いこと

一方で、社会福祉士として相談に乗る際、相談者の困っていることは人によって様々です。

すべての要望に応えることは難しい場合も多く、時には満足していただけないこともあります。

また、自分の力不足でうまく相談にのることが出来なかったと感じることもあるでしょう。

社会福祉士として働き始めても、しっかり知識を増やしていく努力が求められます。

さらに困っている人の相談を受けるため、精神的に疲れてしまうことが多いです。

自身のメンタルヘルスにも目を向けましょう!

社会福祉士の年収(給料)

公益財団法人社会福祉振興・試験センターの「平成27年度社会福祉士および介護福祉士就労状況調査結果」によると

社会福祉士の平均年収は377万円(平成26年度)です。

社会福祉士は医療機関・福祉施設・福祉事務所などさまざまな職場で働くことができます。

施設・事業所の規模や地域、雇用形態、経験年数によって給与や福利厚生面に違いがあります。

また公的機関で公務員として働く場合と民間企業で働く場合も年収に差が出ています。

社会福祉士の適正とは? どんな人が向いているのか

社会福祉士の適正とは?

ここでは、社会福祉士に向いているのはどのような人か、その適性について解説します。

コミュニケーションスキルが高い人

社会福祉士の主な仕事内容は、生活に問題を抱えている人の相談対応です。

また相談者のサポートのため、職場の仲間や関係機関との連携をとることもあります。

社会福祉士は、高齢者から子どもまでの幅広い年齢の様々な人を相手に相談に乗ります。

様々な利用者との信頼関係を構築するためにはコミュニケーションスキルが欠かせません。

そのため、コミュニケーションスキルが高い人が向いているといえるでしょう。

人や地域社会への関心がある人

社会福祉士は人との関わりが多い仕事です。

困っている人のサポートをするので、誰かの役に立ちたいという使命感を持った人や人の話を聞くことが好きな人にも向いています。

問題解決のためには、適切なサービスを提供する関係機関との橋渡しも必要です。

自分の勤務する施設だけではなく、行政や他の施設が持つ福祉の情報や、関連する法律を常に把握する姿勢も重要となります。

社会貢献がしたい人

社会福祉士の仕事は、日本の社会全体に関わるさまざまな問題について目を当てていく必要があります。

あらゆる問題の解決に関わる仕事なので、どれか一つの分野についてだけでなく、社会全体を良くしたいという気持ちがあるとやりがいを持って働くことができるでしょう。

高齢化によって深刻化する介護の問題や、児童虐待問題、いじめ問題など、対象者の年代や属性もバラバラです。

社会に目を向けて、社会貢献がしたいと思っている人に向いているといえます。


まとめると、

  • コミュニケーションスキルが高い人
  • 人や地域社会への関心がある人
  • 社会貢献がしたい人

社会福祉士に向いている特徴は多くありますが、特に上記の3つは重要な素質であるといえます。

\ 無料の資料請求はこちら! /

社会福祉士の資格を取得したいときは?

社会人は働きながら勉強するので、なかなか思い通りに勉強できないと悩む方は多いでしょう。

そんな方には、通信講座がオススメです!

スキマ時間を有効的に使って、効率良く勉強できる通信講座をランキング形式でご紹介します。

まとめ

社会福祉士の仕事内容は、困っている人の相談を受け、問題解決へのサポートをすることです。

社会福祉士の資格を取得するのは簡単ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。

自分が活躍できる場を広げるためにも、社会福祉士の資格取得をおすすめします。

\ 無料の資料請求はこちら! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次