ファイナンシャルプランナーがオススメする「お金の本」10選。FP取得後も必読!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回はこれからお金の勉強をしたい人にオススメしたい「お金の本」を10冊紹介します!

「お金の知識がない人」
「これからFPの勉強をする人」
「FPの資格を取得しても活用しきれていない人」

こんな方に読んでほしい本をまとめました。

自分が読みたいと思える一冊を見つける参考になれば幸いです。

この記事の信頼性:当サイトの運営者は国家資格「ファイナンシャルプランナー2級」を取得しています。詳しくはこちら運営者情報

目次

図解でわかる! 投資信託

資産運用の初心者向けに図解で解説!

本書は、資産運用の初心者向けに、基本情報を図で解説しています。

「投資信託をやりたいけど、難しくてわからない!」という人にオススメの一冊です。

自分のお金を守る方法は、稼ぐ・節約する・運用するの3つあります。

この3つの方法を実行することで、自分に合ったお金との付き合い方が見えてきます。

3つの方法の中でも、少し敷居が高く感じてしまう「運用する」。

「図解でわかる!投資信託」では、株式や債券、投資信託などの基本を分かりやすく解説・整理しています。

さらに、初心者でも実行しやすいように、少額からの長期・分散投資の安全な始め方も学べます!

本書を読むことで、投資信託を始めるきっかけになるかもしれません。

図解 山崎元のお金に強くなる!

初心者がハマりそうな「お金のワナ」を図解!

本書は、超初心者目線で、「お金のワナ」を図で解説しています。

投資を始める前に読んでおくと役に立つ一冊です。

「お金を学ぼう!」と決めたら、知らない言葉や概要をざっと把握するのに適していました。

この本は、「お金の勉強がしたいけど、専門用語が難しくてやる気がなくなる」「お金の使い方で損したくない!」という方にとてもオススメです。

「無料相談は受けてはいけない」や「がん保険に入るのは損!」など、具体的に「お金のワナ」を知ることができます。

お金の使い方で「やったほうがいいこと」と「やらないほうがいいこと」をハッキリ結論付けているので、難しい解説が苦手な方でもスラスラ読むことができる本です。

図解入門ビジネス 最新 生命保険の基本と仕組みがよーくわかる本

生命保険は「高い買い物」!危険な選び方とは?

本書は、生命保険の選び方を学べる一冊です。

生命保険に入るか悩んでいる方や生命保険をよく知らない方にオススメです。

生命保険を選んだ理由が「勧められたから」はとても損です。

この本は、「生命保険のメリット・デメリットとは?」「終身保険ってなに?」など、生命保険に関する知識をわかりやすく解説しています。

終身保険や収入保障保険もわかりやすく説明しているので、初心者でも安心して学べます。

生命保険のほとんどは「ムダなお金」!?

人生のリスクを避けるために欠かせないものが生命保険です。

損をしない生命保険の選び方を知っておきましょう。

はじめての資産運用

20代のうちに身につけておきたい資産運用の知識がまるわかり!

本書は、資産運用をオールカラーで楽しく知識を増やすことができます。

資産運用の全体像や投資を始める前に知っておきたい注意事項を解説しています。

マンガや図解を使って、初心者向けに専門知識が学べます。

「資産運用」と一口に言っても種類が多く、その中から自分に合った運用方法を見つけなければなりません。

この本は、「株式投資の仕組み」や「優秀な投信の見分け方」にもわかりやすく触れているので、初心者が基本知識を学ぶ際に最適な本です。

日本一やさしいNISAの学校【最新版】

マンガでわかるNISAの基本

株や投資信託の税金がお得になるNISA。

NISA(少額投資非課税制度)をカンタンに・わかりやすく学べる本です。

本書ではNISAの制度から、知らないと損をするポイント、NASAを100%活用する術まで、オールカラーで解説します。

先生と生徒のやり取りで解説が進むので、わかりやすく、はじめて投資を行う方にピッタリです。

「最近NISAってよく聞くけど、NISAって利用した方がいいのかな」「NISAを始めてみたいけど、そもそもNISAってなに?」というような初心者の方はこの本を読むべきですね。

この本は、分散型の低リスク投資手法を詳しく知ることができます。

本を読むだけで投資に必要なNISAの知識をマスターすることができます。

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 FINANCIAL LITERACY FOR MILLENNIALS

社会人になる前に知っておきたいお金の知識

この本は、実際にお金を使う場面が増え出す中学生~大学生におすすめしたい本です。

海外で学生時代に叩き込まれる「金融教育」を一冊にまとめてあります。

「銀行の役割とは?」「投資はどうやってやるの?」など、多様多種なジャンルにわたって、一つひとつ丁寧に解説してくれています。

お金の知識を増やしてから社会に出ることで、人生の歩み方がかなり変わると思います。

自立をした後に困らないように、まずはこの本で「お金とはなにか」と知っておきましょう。

新版 知らないと損する 池上彰のお金の学校

生きていく上で欠かせないお金の知識を池上彰さんが解説!

お金とはなにか? 保険とは? 税金とは? 銀行の賢い利用方法とは?

知っているようで知らないお金の仕組みについて、池上彰さんが分かりやすく解説してくれます。

年齢問わず、お金の知識を身につけたい方におすすめです。

ニュースの中のお金と身近なお金に関する特別授業が面白い!

分かりやすい解説で人気な池上彰さんの本は、必読本です。

節約・貯蓄・投資の前に 今さら聞けないお金の超基本

「稼ぐ」「収める」「貯める」お金の機能別に、1から見直しができる実用書

カード・オンライン決済など、状況が急速に変化する現代のお金

本書はこのような状況の変化についていけていない人や、お金についてよく知らない社会人に向けて、一から学び直すことができます。

内容としては、マネープランの立て方や貯金や税金、暮らしに関わるお金について、かなり丁寧に書かれています。

「稼ぐ」「納める」「貯める」「使う」「備える」「増やす」などのお金に関する項目があり、イラストなどでとても分かりやすく、丁寧に解説されています。

「お金の超基本」という名前だけあって、初心者に優しい本です。

全面改訂 超簡単 お金の運用術

資産運用のスタートはまずこの本から!

本書では、資産形成全般を学ぶことができます。

内容としては、投資をする際のおすすめの資産配分と、金融商品の具体的な提示が示されています。

「超簡単 お金の運用術」を読み込んで、資産運用をスタートしてみましょう!

本書を読めば、自分でお金の運用を始めることができるほどの知識が得られます。

これでお金について初心者からの脱却ができます。

年収200万円からの貯金生活宣言

一生使える「貯金力」を伝授!楽しくてわかりやすい入門書

貯金が苦手な人、収入が少ない人にオススメのマネー入門書です。

項目別の理想的な家計支出の割合などが具体的に提示されていて、とても参考になります!

とにかく読みやすく、具体的なテクニックが豊富に詰め込まれています。

“年収200万円”は、若い世代にとってはかなりリアルな数字ですから、自分の生活に当てはまるかもしれません。

収入が低いからとあきらめず、この本を参考に前向きに貯金に取組んでいきましょう。

まとめ

今回はオススメの「お金の本」10冊を紹介しました。

お金の勉強をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる