【要約】『地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術』社会人必読の地頭を良くする方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

あなたは社会人になって、「成果の出し方」が学生とは違うと実感していますか?

学生の場合、本業が勉強であり、試験で高得点を取ることが目標です。

優秀な結果を出せば、社会的地位が上がり、将来的な道も広がります。

勉強というのは、個人戦で自己責任の作業です。

一方で、社会人の場合「成果を出す」とは、会社に利益を与えることです。

会社に利益を与えるには、会社全体の団体戦で連帯責任なのです。

社会人と学生には、「成果を出す」観点でこれほど大きな違いがあります。

今回は、社会人の成果の出し方を紹介していきます。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

ぜひ最後まで読んでみてください。

※本ページの情報は2022年3月時点です。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

目次

社会人の成果を出す方法とは?

結論から言うと、社会人として成果を出すには地頭が良い人になりましょう。

地頭の良い人とは、高い発想力や思考力、他人を巻き込むコミュニケーション力がある人のことです。

「地頭の良い人」になる具体的な方法論は、

  1. 前例や思い込みに縛られず、アイデアをゼロから大量に紙に書き出すことで得られる「発想力」
  2. 混雑なアイデアをフレームワークで整理することで得られる「論理的思考力」
  3. 相手に察してもらうことを前提とせず、アイデアを徹底的に言語化することで得られる「共感力」

それらの力を高める効果的な方法が、「紙とペンを使ったノート術」です。

ノート術は、アウトプットとして有効的な方法です。

ノートに書いて、書いて、考えを整理して、曖昧で意識していなかったことが、視覚的に確認できます。

これまで学校では、先生が言ったことをそのまま書き写す作業をしたり、教科書の内容を整理するためにノートを使ってきたと思います。

今回紹介するノート術は、美しく丁寧ではなく、雑で汚くて良いのです。

なぜならノート術はアウトプットの量とスピード重視だからです。

地頭の良さは、ノート術で鍛えることができます。

地頭が良い人の3つの特徴

地頭力とは、ゼロから成果を出す力のことです。

地頭力は、3つの能力を向上させることで鍛えられます。

1.発想力 2.論理的思考力 3.共感力

この3つの力を詳しく説明します。

突き抜けたアイデアを大量に出せる「発想力」

常識にとらわれず、スピーディーに大量のアイデアを生む出せる力が「発想力」です。

発想力を向上させる方法は「デザイン思考」を使います。

ビジネスの環境では、決まった仕事内容を決まった方法で実行するわけではありません。

社会人では、変化に応じて新しいことをゼロから実践する能力(=発想力)が急激に求められています。

紙とペンを使って、自由な発想を書き出していく「デザイン思考」のやり方で、発想力を高めていきます。

スマートな説明ができる「論理的思考力」

自分なりの視点で物事を整理・分析できる力が「論理的思考力」です。

論理的に思考することで、物事の良し悪しを客観的に評価する力が身につきます。

評価とは、物事やアイデアを長所と短所を他の考え方やアイデアと冷静に比較することを意味します。

発想したアイデアを客観的に理解できれば、良い点悪い点を評価し、詳細に検討できます。

論理的思考は、アイデアを根拠とプロセスに基づいて考えている証明になり、思考プロセスの再現性が高まります。

団体戦の仕事では、自分だけでなく、他人に理解させる説明が必要不可欠です。

「論理的思考力」は伝える力や説得力を高めます。

人を集めて動かせる「共感力」

周囲の共感を得ながら、実際に現実を変えていく力が「共感力」です。

良いアイデアを出して他人から協力したいと思われ取り入れてもらうためには、適切にコミュニケーションをする必要があります。

コミュニケーション力(=共感力)を鍛えると、相手がどんなことを感じて考えているかについて理解できます。

共感力の高いコミュニケーションを行うことで、無理なく自然にあなたのアイデアや考えを周囲の人が受け入れ支援してくれるようになります。

地頭力を高めるノート術①アイデア・ノート

アイデア・ノートは発想力を高めます。

重要と思われるキーワードを書き、視覚的につなげていくノートの取り方です。

思いつきで書きなぐられたようなものや、ちょっとしたメモを含む発想力重視の内容を書いていきます。

アイデア・ノートは、ビジネスの企画段階などに使われます。

アイデア・ノートは気軽に書き始めることができます。

なぜなら、自分が重要だと思ったポイントに絞ってノートにキーワードを単発でどんどんつないでいけばいいからです。

思いつきのアイデアを膨らませていくときにかなり便利な書き方です。

  • 書く順番は決まっておらず、後で情報を付け加えたり、関連付けることが容易
  • アイデア発想、本を読みながら大事なポイントを自分でメモするときに使う
  • 色を付けたり、絵を描いたりすることでより印象に残るノートをつくることができる

視覚的なアイデア・ノート

この例では、来月のプランについて思いつくままに書き出しています。

手を動かしながら考えましょう。

言葉を線でつなげたり、丸で囲みながら頭の中で考えを視覚化します。

思考が刺激されるので、簡単な絵を描くこともおすすめです!

地頭力を高めるノート術②ロジカル・ノート

ロジカル・ノートは論理的思考力を高めます。

既にあるアイデアをおよそ70%ぐらいの精度で分類して、おおまかな優先順位をつけていくような論理的思考力重視の内容を書いていきます。

アイデア・ノートを通じたブレインストーミングの後や、既に情報がある程度整理されていたり優先順位がついているような授業の講義・会議の結果をメモするような場合に使われます。

  • あらかじめ設定されたフレームワークを活用しながらアイデアや考えを整理すること
  • そして整理した結果をながめながら「どの内容がとくに大事なのか」「どの部分は特に重要でないのか」と取捨選択をする
  • その上で最終的に選ばれたアイデアや考えを土台にしながら次の具体的な行動を決める
  • ロジカル・ノートを使うことで「整理」→「評価」→「行動」という一連の流れを効率よくすすめることができる

分析的なロジカル・ノート

この例では、連休を利用して国内旅行へ行ったケースを扱っています。

事前に整理されたトピックについてそれぞれ気持ちや考えを記入していきます。

情報を整理していく中で自分にとって大事なことや次に挑戦したいことが明確になっていきます!

地頭力を高めるノート術③プレゼン・ノート

プレゼン・ノートは共感力を高めます。

アイデア・ノートやロジカル・ノートを通じて形になったアイデアや考えを、他者視点に立って整理し、相手の記憶に残り、共感されるストーリーを書いていきます。

このノート術はあなたのアイデアを周囲の人に効果的に伝えたい時に有効です。

なぜなら、ストーリー形式で話すことで、聞き手の感情に訴えるコミュニケーションが可能となり、あなたの話が相手の記憶に残るからです。

プレゼン・ノートでは人間の感情に訴えかける普遍的なフレームワークが土台になっているためあらゆる場面で応用が可能となっています。

話を自分から相手に伝えるためにも使えますが、その逆、例えば、社内外で優れたプレゼンテーターの話を聞いた時、その内容をプレゼン・ノートの形式でメモすることによって、それを少し眺めるだけで当時の記憶が蘇るようにもできます。

印象的なプレゼン・ノート

この例では毎日コーヒーを飲む人に対して、毎週とれたてのコーヒー豆が届くサービスを説明しています。

まずプレゼンを聞く人の日常や困りごとなどを視覚的に提示します。

そのうえで、どんなアイデアがあるのか、そのアイデアで日常がどう変わるのかを描きましょう!

「地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術」をお得に購入する方法|50%OFFで購入できる

「地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術」を50%OFFで購入する方法を紹介します!

私は電子書籍サービス「ebookjapan」を使ってみた結果、かなり使いやすく、割引クーポンを使うとかなりお得に書籍を購入できたので、満足度が高かったです。

電子書籍サービス「ebookjapan」では、

初回ログインの方限定で最大6回使える
【半額クーポン】配布中!

「地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術」を50%OFFで購入できるキャンペーンです!

「地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術」を1540円(税込)

クーポン利用で【50%OFF】1040円で購入できる!

しかも【50%OFF】クーポンを6回利用できるので

「地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術」以外にも気になる本があれば50%OFFで購入できますよ!

ebookjapanのポイント
  • 初回ログインの方限定で、最大6回使える【半額クーポン】配布中!
  • 書籍のラインナップが豊富!
  • まとめ買いでさらにお得
  • PayPayの利用もできる
  • 1日1回引けるくじでクーポンが当たる

電子書籍サービス「ebookjapan」は、Yahoo! JAPAN IDと連携しています。Yahoo! JAPAN IDでebookjapanに初めてログインすると「50%OFFクーポン」が自動的に付与されます。

「より安く、より便利」な電子書籍がオススメですよ!

\ ebookjapan公式サイトはこちら /

本を無料&お得に購入する方法はコチラ!

新社会人向け 地頭力を高める方法 まとめ

新社会人の方が地頭力を高める方法として『ノート術』をご紹介しました。

地頭力を高めるには、以下の3つの力を鍛えます。

1.発想力 2.論理的思考力 3.共感力

この3つの力を鍛えるために、ノート術を使った思考の整理を使っていきましょう。

初回ユーザー限定:『ebookjapan』は50%OFFクーポン配布中

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる